ドラクエウォーク3周年!2022年9月スクウェア・エニックスのモバイルゲーム収益の約47%に成長、過去周年月では最高に!

2022/11/09 09:00 | 更新 2023/04/16 23:53
SHARE

ドラゴンクエストIPの位置情報モバイルゲーム『ドラゴンクエストウォーク』が、2022年9月12日に3周年を迎えた。3周年記念としてゲーム内で各種イベントが実施されたことに加え、コンテンツの拡充が行われたこともあって収益が大きく伸び、2022年9月日本におけるスクウェア・エニックスのモバイルゲーム収益の約47%を占める結果となった。

3周年記念に合わせてランキングがジャンプアップ、7日間はTOP3内をキープ

2019年9月にリリースされた『ドラゴンクエストウォーク』。タイトルどおり、ドラゴンクエストIPの位置情報ゲームで、ウォーキングしながらRPGが楽しめるモバイルゲームだ。この『ドラゴンクエストウォーク』が9月12日に3周年を迎えた。

3周年記念に合わせて、3周年記念クエストやログインボーナスをはじめ、イベントを通してジェムが合計1万個以上入手できるほか、10連分のふくびき補助券がもらえる「10連ふくびきプレゼントクエスト」を開催。また、「3周年記念ふくびき」や「3周年復刻ふくびき」も同時に開催された。

こうした3周年記念イベントの効果は各所で見ることができる。Sensor Towerのストアインテリジェンスのデータによると、日本のApp StoreにおけるTop Grossingランキングの3周年前後1週間の推移で見ると、3周年前日にあたる9月11日に7位のポジションだったが、12日には1位にジャンプアップし、その後もTOP3圏内をキープ。

2022年9月12日には1位にジャンプアップし、その後もTop3圏内をキープ
2022年9月12日には1位にジャンプアップし、その後もTop3圏内をキープ


『ドラゴンクエストウォーク』が2022年9月日本におけるスクウェア・エニックスのモバイルゲーム収益の約47%を占める

3周年記念に合わせて行われたアップデートでは、ウォーキングしなくていいコンテンツが実装された。

新コンテンツ「カジノ」では、2種類のスロットと全国のプレイヤーと対戦ができる「麻雀」が登場。カジノで集めたWINコインで景品と交換できるシステムだ。このカジノをプレイするためには、「カジノ解放クエスト」をクリアする必要があり、デイリー/ウイークリーミッションでカジノで遊ぶためのプレイコインを集める仕組みとなっている。

Sensor Towerのデータによると、これらの新コンテンツの影響もあって、2022年9月12日から9月30日までの日本のモバイルゲーム収益成長量において『ドラゴンクエストウォーク』がトップ。2位の『Fate/Grand Order』との差が約2倍あり、3周年記念イベント・新コンテンツの効果がわかる。

3周年記念イベント・新コンテンツの効果が如実に現れた結果に
3周年記念イベント・新コンテンツの効果が如実に現れた結果に


こうした効果は『ドラゴンクエストウォーク』のパブリッシャーであるスクウェア・エニックス全体の収益にも現れている。2022年8月日本における同社のモバイルゲーム収益比率では、『ドラゴンクエストウォーク』は29.5%だったが、9月には46.9%にまで成長し、17.4%の伸びが確認できる。

9月には46.9%にまで成長し、17.4%の伸びが確認できる
9月には46.9%にまで成長し、17.4%の伸びが確認できる


Sensor Towerのデータによると、『ドラゴンクエストウォーク』は2019年9月のリリースから2022年9月までで、日本において15億ドル以上の収益を上げている。同作は2019年から2021年における年別のスクウェア・エニックスの日本におけるモバイルゲーム収益比率でトップを維持し続けており、同社の収益を牽引するタイトルだ。

過去の周年月におけるスクウェア・エニックスの日本でのモバイルゲーム収益比率では、1周年時(2020年9月)が42.2%、2周年時(2021年9月)が43.1%となっており、今回の3周年時(2022年9月)の46.9%は過去最高の収益比率となる。

秋の行楽シーズンや全国旅行支援のスタートなどで、おでかけのお供に『ドラゴンクエストウォーク』をプレイする人も増えることが予想される。

Sensor Towerのストアインテリジェンスのユーザーは、過去のパフォーマンス指標に加えて、アプリ収益とアプリダウンロード数の推定値を見ることができる。本レポートのSensor Towerの収益予測は、App StoreおよびGoogle Playからのもので、ユーザー総消費額を表している。

また、データにはサードパーティのAndroidマーケットデータは含まれておらず、App StoreもしくはGoogle Playアカウントの初回ダウンロードのみを集計。同じアカウントが他のデバイス、もしくは同じデバイスで行った重複ダウンロードは集計に含まれていない。ダウンロードデータは同じアプリの異なるバージョンもまとめて集計している(例:FacebookとFacebook Lite)。

Sensor Towerのストアインテリジェンスで上記ゲームタイトルの過去のデータが検索できる。REQUEST DEMOボタンからデモのリクエストが可能だ。

担当者に話を聞いてみた。

「(今回のリリースのポイントは?)歩くことがゲームになる『ドラゴンクエストウォーク』が3周年を迎え、今なお多くのユーザーに支持されています。3周年を迎えた『ドラゴンクエストウォーク』は、スクウェア・エニックスの収益の大きな柱になっています。2022年9月のアップデートでは歩かなくても楽しめるコンテンツが追加され、より遊びの奥行きが増えました」

「(ユーザーへのメッセージは?)本格的な秋の行楽シーズンになってきたので、おでかけのお供に遊んでみてはいかがでしょうか」

Sensor Tower:https://sensortower.com/ja/product/store-intelligence

あわせて読みたい

人気ランキング

お知らせ