サイト終了のお知らせ

平素より「OneNews」をご利用いただき、誠にありがとうございます。本サイトは2024年5月15日をもってサービスを終了いたします。
サービス終了後、OneNews掲載の一部コンテンツ(ビジネス記事、マネー記事)は、
当社運営メディア「ウォーカープラス」に引き継がれますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
※OneNewsからウォーカープラスへのリダイレクトとなります。

お金もいつかは「デジタル化」。急速に進む「お金」の変化のなかで知っておくべきこと

2023/10/04 18:30
SHARE

時代の変化のスピードが加速度的に上がっている——。「今という時代」を指してよく使われる表現だ。変化が急速に進んでいるということでいえば、「お金」も例外ではない。今、どのようなお金の変化が進んでいるのか、それを知ることにどのような意味があるのか——。日本最大級の個人向け金融教育事業を運営する、ABCash Technologies創業者である児玉隆洋さんに聞いた。

ABCash Technologies創業者の児玉隆洋さんにインタビュー
ABCash Technologies創業者の児玉隆洋さんにインタビュー【撮影=樋口涼】

各国が実用化を急ぐ「中央銀行デジタル通貨」

長く現金社会だった日本でも、コロナ禍をひとつのきっかけとしてキャッシュレス化が大きく進みました。ただ、今はお金をめぐってさらなる変化が急速に進んでいることをご存じですか?

その変化のキーワードが、「お金のデジタル化」です。現在のデジタルのお金には、「暗号資産」「ステーブルコイン」「CBDC」という大きく3つのカテゴリーがあります。

それらのなかでも、すべての人に関係し、誰もが無視できないのが「CBDC」でしょう。CBDCとは「Central Bank Digital Currency」の頭文字をとったもので、日本語では「中央銀行デジタル通貨」と訳されます。

各国の中央銀行が発行するデジタルのお金であり、つまりはその国の正式な通貨というわけです。日本であれば日本の中央銀行である日本銀行が発行し、現時点では「デジタル円」と呼ばれています。

「そんなもの、実用化されるのはまだ先でしょう?」と思う人もいるかもしれません。でも、実はすでに多くの国がこのCDBCの実用化を急ピッチで進めているのです。もっとも進んでいるといわれる中国では「デジタル人民元」の発行をすでにスタートしていますし、アメリカもバイデン政権が「デジタルドル」の導入を国家戦略の重要施策としています。

そして、日本も含めた他の国も例外ではありません。日本でも、すでに日銀によるデジタル円の実証実験がはじまっているのです。

【写真】各国が実用化を急ぐ「中央銀行デジタル通貨」について語る児玉隆洋さん
【写真】各国が実用化を急ぐ「中央銀行デジタル通貨」について語る児玉隆洋さん【撮影=樋口涼】

「デジタル円」を使う時代がすぐそこまできている

CDBCの実用化を各国が急いでいる理由は、その導入によって大きなメリットがもたらされるからです。ひとつは、コストの削減。通貨をデジタルにすることで、物理的に紙幣や硬貨をつくったり運送したりするコストを大きく減らすことができます。

そして、最大のメリットが、不正防止です。CDBCはデジタル通貨のために「いつどこで誰が利用したのか」という履歴を残すことができます。匿名性の高い現金とはちがい、利用者の足跡を追うことができますから、マネーロンダリングや脱税を防ぐ効果が期待できるのです。

では、このCDBCの実用化がはじまるとどのようなことが起こるでしょうか。ビットコインなど先に挙げた暗号資産の場合なら、保有者は一部の人に限られています。みなさんのなかにも「聞いたことはあるけれど、暗号資産ってよくわからない」という人もいるでしょう。

一般に浸透しているとはいえませんから、たとえば飲食店で「支払いはビットコインで」といったとしても、ほとんどの場合は「うちは対応していないんですよ」と断られてしまいます。

しかし、デジタル円は、日銀が発行する正式な通貨です。そのため、デジタル円の実用化がはじまれば、今、紙幣や硬貨を使っているような感覚で、日本中のどこでもデジタル円での決済が可能となります。

『未来のお金の稼ぎ方』
幻冬舎(2022)
児玉隆洋 著

【プロフィール】児玉隆洋(こだま・たかひろ)
1983年6月22日生まれ、宮崎県出身。ABCash Technologies創業者。2007年、サイバーエージェントに新卒で入社。Ameba Blog事業部長、ABEMATV局長などを歴任。マネジメント、マーケティング、メディア開発などを担当し、Ameba Blogを責任者として日本最大級のブログメディアに成長させる。2018年、日本の金融教育の遅れ、お金の情報の非対称性に課題を感じ、ABCash Technologiesを設立。お金のトレーニングスタジオ「ABCash」は累計受講者数3万人を超え、パーソナル金融教育事業で日本最大級を誇る。「日本スタートアップピッチファイナル」金賞」、すごいベンチャー100」、「FINTECH JAPAN 2021」準優勝など受賞歴多数。

あわせて読みたい

人気ランキング

お知らせ