サイト終了のお知らせ

平素より「OneNews」をご利用いただき、誠にありがとうございます。本サイトは2024年5月15日をもってサービスを終了いたします。
サービス終了後、OneNews掲載の一部コンテンツ(ビジネス記事、マネー記事)は、
当社運営メディア「ウォーカープラス」に引き継がれますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
※OneNewsからウォーカープラスへのリダイレクトとなります。

みんなの家計簿事情は?デジタル保険代理店「#コのほけん!」がアンケート調査実施

2022/11/12 12:00 | 更新 2023/04/16 23:52
SHARE

デジタル保険代理店「コのほけん!」を運営するSasuke Financial Lab株式会社は、全国の20歳以上の男女を対象にした「副業に関するアンケート調査」を実施。2022年10月11日、12日の2日間にわたってインターネットリサーチを行い、301名の有効回答を集計した。

約4割の人が家計簿をつけたことがないという結果に!

円安ドル高、相次ぐ物価の上昇を受け、個人の家計は圧迫され、給与が上がらないと言われている。無駄な支出を減らすには、家計簿などをつけて家計把握をすることが大切。しかし、継続してつけることはハードルが高く、途中で断念した経験のある人も多いのではないだろうか。そこで、Sasuke Financial Lab株式会社では、どのくらいの人が家計簿をつけているかどうか、家計簿をつけている場合は家計簿をつける目的や、どのアプリを利用しているかなどについてアンケート調査を実施した。

●調査結果

多くの人が、家計簿をつけていないことが判明
多くの人が、家計簿をつけていないことが判明

Q1. 家計簿をつけていますか?
最も多かった回答は「家計簿をつけたことがない」40.9 %。家計簿をつけたことがあるかどうかの経験有無で見ると、「現在、家計簿をつけている」30.6 %、「過去、家計簿をつけていた」23.9 %を合わせて、過半数の54.5%が家計簿をつけた経験があることがわかった。

アプリよりも、手書きで家計簿をつける人のほうが多いという結果に
アプリよりも、手書きで家計簿をつける人のほうが多いという結果に

Q2. 家計簿をつけるのに何を使っていますか(使っていましたか)?(複数回答)(Q1で「現在、家計簿をつけている」「過去、家計簿をつけていた」と回答した方への質問)
最も多かった回答は「市販の家計簿・ノート(手書き)」49.4 %で、「スマホもしくはWeb家計簿アプリ」31.7 %、「Excel、スプレッドシートなどの表計算ソフト」18.9 %と続いた。

突出したアプリはなく、分散した結果となった
突出したアプリはなく、分散した結果となった

Q3. どの家計簿アプリを利用されていますか(利用されていましたか)?(Q2で「スマホもしくはWeb家計簿アプリ」と回答された方)※複数利用されている(されていた)方は、一番長く利用したもの、メインで利用しているものをひとつお選びください。
最も多かった回答は、「マネーフォワードME」15.4 %で 、「LINE家計簿」11.5 %、「Zaim」11.5 %と続いた。家計簿アプリの使いやすさは個人によって異なるため、突出したアプリはなく分散したものと考えられる。そのほか自由記述による回答には「家計簿おとなのおこずかい帳」「カナヘイ家計簿」「e-navi」「サンリオ かんたん家計簿」が挙げられた。

家計簿アプリは、コストがかからず使い勝手もよい点がメリット
家計簿アプリは、コストがかからず使い勝手もよい点がメリット

Q4. Q3で選んだ家計簿アプリの良い点を教えてください。(複数回答)
スマホもしくはWeb家計簿アプリに求める項目について、最も多かった回答は「利用料が無料」78.8 % で、「入力が簡単」73.1 %、「入力項目を自分で設定できる」19.2 %と続いた。コストがかからず、入力の際の簡単さと項目を自分で設定できる自由度が求められているようだ。

Q5. 現在(または過去)利用している家計簿の良い点を教えてください。(自由記述)
【市販の家計簿・ノート(手書き)に関するもの】
・頑張りすぎないで続けられる
・確認しやすい
・手軽にできる
・口座の残高を記入できる
・レシートが貼れる
・分類しにくいものでも書ける
・記録として残る
・手書きのほうが「お金を使っている」という実感がわくし、お金について真剣に考えるようになれるのがいい点。好きなフォーマットを作れる
・ノートの方が書きやすく安くて整理整頓がしやすい
・自分の書きやすいようにアレンジできる/いろいろアレンジできる/自分の好きなようにアレンジできるところ
・自分の見やすいように好きなように書けること / 自分流に使いやすく使える
・楽。細かくはつけていないから自分流に書けて十分
・自分が一番分かりやすく書ける
・自由に項目を増やせる / すべて自由に書き込める / 自由度が高いところ
・手書きなので、自由に記入できる / 普通のノートなので自由に書き込める
・書くことにより文字を忘れない

【Excel、スプレッドシートなどの表計算ソフトに関するもの】
・計算も自動でしてくれるので合計が出しやすいので便利
・年間の支出を把握できるから節約対策を考えるのに役立つ
・ビンボーを実感できる
・お金の出金がわかって、過剰に使う事が無くなる
・自由に作れる
・無駄使いが減る
・資産状況の概況が分かる
・見た目が分かりやすい点
・計算が自動でできる
・過去の記録が容易に確認できる
・Excel管理。見やすいし、管理しやすいから
・自分の書きたい様に書ける
・お金の管理ができる
・保存場所不要。検索、集計が簡単。どこでも見られる
・自分で自由にカスタマイズできること
・Excelで集計できるので計算が楽
・視覚化できる
・使いやすい
・支出が把握できる
・簡単にできる

【PCの家計簿ソフトに関するもの】
・自由に項目を増やせる
・お金の出入りがわかる
・視覚化できる
・すぐに見れる

【スマホもしくはWeb家計簿アプリに関するもの】
・使いやすい
・簡単で見やすい
・シンプルな点
・シンプルでかわいいから続けやすい
・かわいい
・ポイントなどを含めた、自分の金融資産額がリアルタイムで把握できる事
・家計が可視化しやすい
・ポイントにもなるので得
・クレジットカードと一体化できること
・入力が簡単。項目を円グラフで見れるので、何にどれだけ使っているか可視化できる
・レシート読み取り機能が優れている。多くのサービスと連携している
・日付ごとに支出、収入が見れる
・カレンダー方式で収支が分かるため見やすい
・無料で管理可能
・手軽に入力できて月や年毎の出入金管理ができる!あとポイント貯めて追加機能を増やせる!

Q2の質問で 「市販の家計簿・ノート(手書き)」が最多だった理由として、「手軽さ・自由度の高さ」が考えられる。また、「スマホもしくはWeb家計簿アプリ」に関しては、機能面以外のメリットとして「かわいい」という回答が比較的多く、デザインも選ばれる一因としてあるようだ。

支出入の把握をするために家計簿をつける人が多い
支出入の把握をするために家計簿をつける人が多い

Q6:家計簿をつけている(つけていた)理由・目的で一番大きなものを教えてください。
最も多かった回答は、「支出入の把握をしたい」37.8 %で、「家計の改善をしたい」20.1 %、「習慣になっている」13.4 %と続いた。

家計簿をつけない理由は、「めんどくさい」という回答が最多だった
家計簿をつけない理由は、「めんどくさい」という回答が最多だった

Q7:家計簿をつけていない(つけるのをやめた)理由の中で最も大きいものを教えてください。(Q1で「現在、家計簿をつけている」以外の回答をした方)
最も多かった回答は「めんどくさいから」35.9 %で、「継続ができないから」21.1 %、「なんとなくつけていない」18.2 %と続いていた。一方で、「家計簿をつけなくても支出入を把握できているから」12.9 %という回答も見られた。

そのほか、自由記述による回答は下記のとおり。
・妻に一任
・つけ方がわからない、自分が家計の管理をしていないから
・コロナ禍で優先事項が変わったから。他にやることがある
・使っていたアプリがなくなったから
・夫に家計簿を付けていることをキレられて破られたから
・子供が産まれて忙しくなった
・休職しているため

担当者に話を聞いてみた。

「(今回の調査の目的は?)円安ドル高、相次ぐ物価の上昇を受け、個人の家計は圧迫され、給与が上がらないと言われています。家計簿等をつけて家計把握をすることで無駄な支出を減らすことが可能となりますが、継続してつけるのはなかなか難しいものです。どのくらいの方が家計簿をつけているかどうか、家計簿をつけている場合は家計簿をつける目的や何を利用しているか等についてアンケート調査をいたしました。本アンケート調査によって、家計管理を考えるきっかけのひとつとしてなればと思い、実施しました」

【調査概要】

調査名:家計管理に関するアンケート調査
調査機関:自社調査
調査対象:全国の20歳以上の男女
調査期間:2022年10月11日・12日の2日間
調査方法:インターネットリサーチ
アンケート対象者属性詳細:画像参照

アンケート対象者属性詳細
アンケート対象者属性詳細

■アンケート記事詳細はこちらhttps://konohoken.com/insurance/reports/12181/

■デジタル保険代理店「コのほけん! 」について
デジタル庁が推進する 「デジタルの日(令和4年度)」 の賛同企業・団体として承認されたオンライン保険サービス。ひとりひとりが「この保険に決めた!」と納得できるように、プロの知見とテクノロジーを融合させて、保険の診断・一括比較・見積もりなど、オンラインで利用者の保険選びをサポートする。https://konohoken.com/

■Sasuke Financial Lab株式会社:https://sasukefinlab.com/

あわせて読みたい

人気ランキング

お知らせ