「指示待ち人間になるな」と「勝手に進めるな」2つの矛盾した叱責…社会人なら一度は悩むこの“あるある”の正解は…?

2023/11/08 07:00
SHARE

Web広告関係の仕事をする傍らでブログやSNSにて漫画を公開しているまくべす(@maxvess3)さん。現在連載中の『目指せ!日本一の社畜!ぬこリーマン』は、社畜人間の日常を描いた漫画で、サラリーマンたちの共感を得て好評だ。今回紹介するのは“指示待ち人間”について描いたエピソード。よく「指示待ち人間はいらない」という言葉を聞くが、高圧的な会社で“指示待ち人間”が生み出される過程が描かれた4コマ漫画だ。


積極的に行動することを求められたぬこリーマンは…
積極的に行動することを求められたぬこリーマンは…

社畜・ぬこリーマンは、部長から「自分から積極的に提案しろ!」とゲキを飛ばされる。課長も一緒になって「指示待ち人間は当社にはいらない」と発言。ぬこリーマンはその圧に押されながら「は、はい…」と返事をする。

しかし後日、積極的に企画案を考えて下調べしていると…
しかし後日、積極的に企画案を考えて下調べしていると…

しかし現実は、少しでも自分から何かをしようと動き出すと「なんで勝手に判断するんだっ!」「すべて上司に連絡しろっ!」と怒られる。動き出す前に相談すると根拠や下調べの不足を問われるが、先に自分で調べたり各所へ根回しをしてから決裁を取ろうとすると「勝手に進めるな」と言われる場合も…。なかなかに難しい。

ガチガチに動きを固められてしまい、怖くなる…
ガチガチに動きを固められてしまい、怖くなる…

それでも上手に立ち回れる人は、うまく上司を説得し、積極的にガンガン企画を進めていくと思われるが、そういう人ばかりではないのが現実。苦手な人にとってはどう動いたらいいのか袋小路に陥ってしまい、「君は指示に従うばかりだな」とあきれられる羽目に…。

結局「指示待ち人間だな」と言われてしまう
結局「指示待ち人間だな」と言われてしまう

「指示待ち人間になるな」と注意されるのに、自分で考えて行動すると「勝手に進めるな」とも怒られる…一見矛盾しているように思われる発言だが、これは社会に出ると意外と“あるある”のエピソードだ。学生時代は両親や先生に言われたとおりにやってさえいれば褒められていたが、社会に出ると、それだけでは通用しなくなる。たとえば学生時代はテストや課題が目の前に用意され、それをこなせばよかったが、社会人になると用意された仕事だけでなく、“仕事を生み出すチカラ”も求められてくる。そこに教科書や参考書はない。「指示待ち人間になるな」と「勝手に進めるな」、相反する叱責を受けた場合は、その矛盾に頭を悩ますかもしれないが、シンプルにそれぞれの叱責を別ものと捉え、怒られた理由を書き出してみることですっきりすることも!

やっぱり即却下されてしまった…!!
やっぱり即却下されてしまった…!!

また、“指示待ち人間を生み出しがちな上司”というのも一定数存在するので、上司のタイプを知ることも大事だ。部下が自発的に動くことを嫌う上司には、「この件でこれから動きます」と何かの報告のついでにひと言入れておくといいかもしれない。うまく立ち回っている先輩社員が周りにいれば、その上司にどう接しているかなどを参考にするのも一手だ。

負けるな、ぬこリーマン!
負けるな、ぬこリーマン!

今回紹介した漫画以外にも、社畜サラリーマンの“あるある”を描いたまくべすさんの漫画は盛りだくさん!SNSで随時更新中で、時勢を取り入れたネタも多いので、ぜひ新作も読んでみて!

画像提供:まくべす(@maxvess3)

■まくべす(@maxvess3)
ブログ:https://www.maxvess.com/
X(元Twitter):https://twitter.com/maxvess3
Instagram:https://www.instagram.com/maxvess3/
note:https://note.com/maxvess
LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/5295083/ja

人気ランキング

お知らせ