イノベーションネットアワード2023受賞に新支局開設、非流通空き家のマッチングサービス「さかさま不動産」ってなに?

2023/07/03 09:00
SHARE

「さかさま不動産」は、株式会社On-Co(以下On-Co)が運営する、物件を借りて挑戦したいことがある人の想いを可視化して貸主を募集するサービス。家の情報ではなく「借り手」の情報を開示してマッチングをすることで、非流通空き家を活用希望者につなげている。ユニークな取り組みが評価され、On-Coは、全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局が主催する「イノベーションネットアワード2023」では優秀賞を受賞。さらに、2023年6月に国内10拠点目となる「やまなし支局」を開設するなど、順調に成長している。

「イノベーションネットアワード2023」の「優秀賞」を受賞したさかさま不動産
「イノベーションネットアワード2023」の「優秀賞」を受賞したさかさま不動産


さかさま不動産の狙いとは

非流通の空き家の発掘や空き家を介した関係構築をもくろむ実証実験として2020年6月にスタートした「さかさま不動産」。従来の不動産流通の仕組みを覆す逆転の発想で、少子高齢化や人口減少などにより増え続けている空き家問題の解決に向けた一手法として注目を集めている。

「貸す人は選びたい」「この人なら貸したい」「利活用方法や条件次第で貸すことも考える」「家情報を公開せず借り手を探したい」と考える非流通空き家の所有者へアプローチすると同時に、チャレンジ精神を持つ人を地域に呼び込む有効な仕掛けとしても機能。最近では「文化的な使い方をしてほしい」「地域が活性化する人に貸したい」という物件所有者からの問い合わせが増えているという。

【画像】「さかさま不動産」の仕組み
【画像】「さかさま不動産」の仕組み


さかさま不動産で物件と出会うおもしろさ

同サービスを利用することで、物件オーナーは、物件情報を不特定多数に公開することなく借り手を探せるというメリットが得られる。加えて、“誰にでも貸したいと思っているわけではない”物件オーナーにとっては、魅力ある借り手を探すことができる貴重な場所となっている。

これまでの事例では、マッチングを通して文化と商売が生まれ、地域活性にしっかりとつなげてきているようだ。どの事例でも温かな展開が見られ、「従来なら出会うはずがなかった大家と借主」「諦めかけていた夢が叶った」「開業後に大家が常連に」「開業前から街が応援してくれる」など、空き家を通し地域に関係性が構築できていることが伺えるエピソードが生まれているという。

「イノベーションネットアワード2023」優秀賞受賞

こうした取り組みが評価され、同サービスは「第12回地域産業支援プログラム表彰事業(イノベーションネットアワード 2023)」※にて、優秀賞を受賞。
※国内各地域における、新事業・新産業創出を目的とする、地域の特性に応じた優れた企業支援の取組を評価、普及するための表彰制度

逆転の発想に基づく独自性の高い取り組みであるとともに、空き家対策の課題である「市場に出てこない空き家」を流通させるだけでなく、新規創業や地域の賑わい創出にも寄与する取り組みであるとの評価を受けての受賞となった。

「イノベーションネットアワード2023」表彰式の様子
「イノベーションネットアワード2023」表彰式の様子

 

やまなし支局が始動へ!

同サービスの“空き家を介した関係性づくり”には全国から共感が集まり、30を超える地域から問い合わせが入っているという。2022年から始まった「さかさま不動産支局」も、宮城県気仙沼、長野県辰野、鹿児島県沖永良部島、神奈川県湘南など各地に拡大中で、2023年6月30日には、10拠点目となる「さかさま不動産やまなし支局」が立ち上がる。

やまなし支局を立ち上げるのは、空き家の利活用を進める目的で2022年に設立された「特定非営利活動法人イエカラ(以下イエカラ)」。イエカラは、空き家を埋めることを目的とせず、空き家を介して地域にとって意味のある「人」が動き、新たな文化が生まれる関係性づくりを進めたいと考えるなか、さかさま不動産の取組みに共鳴。空き家率22.0%と全国で最も高い状態が続く山梨県(※)にて空き家の利活用を進める一手段として、支局を立ち上げることとなった。
※総務省統計局「2003年度住宅・土地統計調査」

イエカラによると、「これからチャレンジ精神を持つ人の想いと、空き家所有者との関係性を丁寧にフォローすることで、新たな交流人口拡大を図ります」とのこと。

やまなし支局
住所:山梨県甲府市青葉町2-14
電話:070-4066-7562 

特定非営利活動法人イエカラについて
ミッションは、 既にある「ヒト」「モノ」「コト」の相乗効果と波及効果で社会課題に取り組むこと。アップサイクルを通して、 創造力を育む「まちなか工作室」を整備中。

株式会社On-Coについて
ミッションは「未来の前座」。強みは社会に必要と感じた概念を具現化させること。さかさま不動産や上回転研究所、丘漁師組合などを展開している。

今回のサービスについて、担当者に話を聞いてみた。

「(今回のサービスの意図は?)非流通の空き家の発掘や空き家を介した関係構築です。これまで各地でサービスを展開してきたなかで『移住や空き家活用相談は増えている』『借りられる空き家がない』『空き家課題は深刻』『地域にとって良い移住者を選ぶ必要がある』という共通課題が見えてきています」

「(今回のサービスのアイディアはどのようにして生まれた?)発想のベースは、代表陣が約10年間、同じエリア内にて数軒の空き家を挑戦の場として利活用する中、“君たちなら貸したい”と応援してくれる大家と出会い支えられたことです」

地域の事情を汲み上げながら、着実に成果を上げている頼もしい取り組みに、ますます注目が集まりそうだ。

■さかさま不動産
公式サイト:https://sakasama-fudosan.com/

■株式会社On-Co
公式サイト:https://on-co.jp/

■特定非営利活動法人イエカラ
公式サイト:https://iekara.ccp.or.jp/

あわせて読みたい

人気ランキング

お知らせ