■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■日本語タイトル:世界の小児型CPRマネキン市場2023年:企業・地域・種類・用途別分析
■英語タイトル:Global Infant CPR Manikins Market 2023 by Manufacturers, Regions, Type and Application, Forecast to 2029
■発行元:GlobalInfoResearch 
■発刊日:2023年8月12日
■レポ-ト形態:英文PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容:
GlobalInfoResearchの最新の調査報告によると、世界の小児型CPRマネキンの市場規模は2022年のxxx米ドルから2029年にはxxx米ドルと推定され、xxx%の成長率で成長すると予想されます。新型コロナウイルス感染症とロシア・ウクライナ戦争の影響を考慮しながら市場規模を推計しました。
本書は、世界の小児型CPRマネキン市場に関する詳細かつ包括的な分析の結果です。定量的分析と定性的分析データが、メーカー別、地域別、国別、種類別、用途別に記載されています。

市場は常に変化しているため、本書では、競争、需要と供給の傾向、および多くの市場にわたる需要の変化に影響する主要な要因を調査しました。主要な競合他社の企業概要と製品例、および2023年の市場シェア予測も記載しました。

本書の主な目的は次のとおりです。
– 世界および主要国の市場機会の規模を決定するため
– 小児型CPRマネキンの成長可能性を評価するため
– 各製品および最終用途市場の将来の成長を予測するため
– 市場に影響を与える競争要因を評価するため

小児型CPRマネキン市場は種類と用途によって区分されます。2018年~2029年において、量と金額の観点から種類別および用途別セグメントの売上予測データを提供します。この分析は、適格なニッチ市場をターゲットにすることでビジネスを拡大するのに役立ちます。

種類別セグメント
・使い捨てマウスピース、再利用可能マウスピース

用途別セグメント
・学校、病院&診療所、その他

主要な市場プレーヤー
・Ambu、Laerdal Medical Corporation、Gaumard、Nasco Healthcare、Prestan、3B Scientific、Innosonian

地域別セグメントは次の地域・国をカバーします。
・北米(米国、カナダ、メキシコ)
・ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス、ロシア、イタリア)
・アジア太平洋(日本、中国、韓国、インド、東南アジア、オーストラリア)
・南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)
・中東およびアフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、南アフリカ)

本書の内容は計15章あります。
・第1章では、小児型CPRマネキン製品の調査範囲、市場の概要、市場の成長要因・阻害要因、および市場動向について説明します。
・第2章では、主要な小児型CPRマネキンメーカーの企業概要、2019年~2022年までの小児型CPRマネキンの価格、販売量、売上、市場シェアを掲載しています。
・第3章では、主要な小児型CPRマネキンメーカーの競争状況、販売量、売上、世界市場シェアが重点的に比較分析されています。
・第4章では、2018年~2029年までの地域別小児型CPRマネキンの販売量、売上、成長性を示しています。
・第5、6章では、2018年~2029年までの小児型CPRマネキンの種類別と用途別の市場規模、市場シェアと成長率を掲載しています。
・第7、8、9、10、11章では、2018年~2022年までの世界の主要国での販売量、売上、市場シェア、並びに2023年~2029年までの主要地域での小児型CPRマネキン市場予測を収録しています。
・第12章では、市場力学、成長要因、阻害要因、トレンド、ポーターズファイブフォース分析、新型コロナウイルス感染症とロシア・ウクライナ戦争の影響を掲載しています。
・第13章では、主要な原材料、主要なサプライヤー、および小児型CPRマネキンの産業チェーンを掲載しています。
・第14、15章では、小児型CPRマネキンの販売チャネル、販売業者、顧客、調査結果について説明します。

***** 目次(一部) *****

・市場概要
– 小児型CPRマネキンの概要
– 種類別分析(2018年vs2022年vs2029年):使い捨てマウスピース、再利用可能マウスピース
– 用途別分析(2018年vs2022年vs2029年):学校、病院&診療所、その他
– 世界の小児型CPRマネキン市場規模・予測
– 世界の小児型CPRマネキン生産能力分析
– 市場の成長要因・阻害要因・動向
・メーカー情報(企業概要、製品概要、販売量、価格、売上)
– Ambu、Laerdal Medical Corporation、Gaumard、Nasco Healthcare、Prestan、3B Scientific、Innosonian
・メーカー別市場シェア・市場集中度
・地域別市場分析2018年-2029年
・種類別分析2018年-2029年:使い捨てマウスピース、再利用可能マウスピース
・用途別分析2018年-2029年:学校、病院&診療所、その他
・小児型CPRマネキンの北米市場
– 種類別市場規模2018年-2029年
– 用途別市場規模2018年-2029年
– 主要国別市場規模:アメリカ、カナダ、メキシコなど
・小児型CPRマネキンのヨーロッパ市場
– 種類別市場規模2018年-2029年
– 用途別市場規模2018年-2029年
– 主要国別市場規模:ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、イタリアなど
・小児型CPRマネキンのアジア市場
– 種類別市場規模2018年-2029年
– 用途別市場規模2018年-2029年
– 主要国別市場規模:中国、日本、韓国、インド、東南アジア、オーストラリアなど
・小児型CPRマネキンの南米市場
– 種類別市場規模2018年-2029年
– 用途別市場規模2018年-2029年
– 主要国別市場規模:ブラジル、アルゼンチンなど
・小児型CPRマネキンの中東・アフリカ市場
– 種類別市場規模2018年-2029年
– 用途別市場規模2018年-2029年
– 主要国別市場規模:サウジアラビア、トルコ、エジプト、南アフリカなど
・市場力学(成長要因、阻害要因、トレンド、ポーターズファイブフォース分析)
・原材料および産業チェーン
・販売チャネル、流通業者・代理店、顧客リスト
・調査の結果・結論

■レポートの詳細内容・販売サイト
https://www.marketresearch.co.jp/MRC308GR10783-Global-Infant-CPR-Manikins-Market/

■調査会社GlobalInfoResearch について
https://www.globalinforesearch.com/

■(株)マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/