「映画 マイホームヒーロー」キャストリレーインタビューPVが解禁 / (C)2024 映画「マイホームヒーロー」製作委員会
【動画】宮世琉弥「関西弁で話すギャップも魅力的」なにわ男子・高橋恭平と佐々木蔵之介の魅力を語る

佐々木蔵之介が主演を務めたドラマ「マイホームヒーロー」(2023年、MBS系)の最終回から7年後が舞台となる「映画 マイホームヒーロー」が、3月8日(金)に公開される。公開に先駆け、主演の佐々木、高橋恭平(なにわ男子)、宮世琉弥の3人が登場するキャスト・リレーインタビューPVが公開された。

「映画 マイホームヒーロー」とは

2023年10月より、MBS/TBSドラマイズム枠で放送されたドラマシリーズ「マイホームヒーロー」(ディズニープラスで配信中)は、どこにでもいる普通の父親・鳥栖哲雄(佐々木)が娘・零花(齋藤飛鳥)に危害を加えようとした彼氏を殺してしまうことから始まる。

哲雄は妻である歌仙(木村多江)と共に家族を守るため、遺体の処理や殺した彼氏が所属する半グレ犯罪組織に狙われながらも家族を守るための“命がけの騙し合い”を繰り広げることになった。

ドラマから7年後が舞台となる「映画 マイホームヒーロー」では、鳥栖家に息子の明(石塚錬)が生まれ、零花は大学生から刑事に。家族の中にも大きな変化がある中で、土砂崩れによって哲雄が埋めた死体が発見され、いきなり大ピンチを迎えるところから物語は始まる。

物語のキーマンを演じた高橋と宮世を佐々木が絶賛

インタビューでは、佐々木が、映画の鍵を握る重要キャラクターを演じた高橋と宮世の印象について語っている。

高橋が演じる間島恭一は、ドラマ版では半グレ組織のメンバーで、哲雄と不思議なバディ関係を築いていく役どころ。映画では逃亡生活をおくっていた恭一が7年ぶりに哲雄の前に現れる。佐々木は、「ドラマでは初めての悪役に悩みながら演じていましたが、映画ではすでに想いを込めたものを持って現場に立っていたので素晴らしかった!」と高橋の短期間での成長を絶賛した。

宮世が演じる大沢隼人は、映画から登場する。哲雄の秘密を知る謎の男。サイコパスな言動をしながらもどこかキュートで掴めないキャラクターである。そんなミステリアスな役柄を演じる宮世に対して佐々木は、「どこか影もありながら、敵なの?味方なの?と思わせる爆発力のある面白いキャラクターを作ってきたな」と映画からの参加でありながら作品に合わせ、魅力的な役を作りこんできた役者魂に感心した様子を見せた。

宮世、佐々木の演技の幅に感銘「引き出しを尋常じゃない数、お持ちでした」

佐々木の印象に残っているエピソードについて、高橋は「言い方やトーンなど細かいところについて『こうした方がいい』というよりも(役の気持ちを踏まえて)『(恭一は)こうしたいんじゃないか』という形でアドバイスをいただけてありがたかったです」とコメント。宮世は「引き出しを尋常じゃない数、お持ちでした。自分もいろんな感覚を身に着けていきたいです」と、芝居の細部まで気を遣う佐々木の演技の幅に感化されたことを語った。

さらに、新たに見つけた佐々木の魅力について、宮世「笑顔が素敵!」と答え、続けて、本作では普段の関西弁を封印して臨んでいる佐々木の「関西弁で話すギャップも魅力」とコメント。高橋も続けて佐々木の魅力について答えようと一息おくと、「そこは、関西弁やろ!!」と佐々木がすかさず突っ込み笑いを誘った。