阿部サダヲ“市郎”の恋に隠された新事実が発覚する /  (C)TBS
【写真】スマホを真剣に見つめる阿部サダヲ“市郎”&磯村勇斗“真彦”

阿部サダヲ主演の金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第5話が2月23日(金)に放送される。

宮藤官九郎が手掛ける意識低い系タイムスリップコメディー

同作は、昭和のおじさんがコンプラで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく、完全オリジナルの意識低い系タイムスリップコメディー。

脚本は宮藤官九郎が務め、プロデューサーは磯山晶が担当。阿部とは、「池袋ウエストゲートパーク」(2000年)、「木更津キャッツアイ」(2002年)、「タイガー&ドラゴン」(2005年、全てTBS系)でタッグを組んできた2人が、令和で新たな作品を生み出す。

“昭和のおじさん”市郎を筆頭に物語を彩る個性豊かな面々

同ドラマには、突如1986年から2024年へタイムスリップし、令和では考えられない“不適切”な言動を繰り返す小川市郎役で阿部、バラエティー番組のアシスタントプロデューサーとして働くシングルマザー・犬島渚役で仲里依紗が出演。

また、とあるアイドルに心酔するあまり、その身なり言動すべてを完コピする男“ムッチ先輩”こと秋津睦実とゆとり世代の会社員・秋津真彦を磯村勇斗、市郎と逆で、2024年から1986年に息子と共にタイムスリップする社会学者の向坂サカエを吉田羊、そして、市郎の一人娘・小川純子を河合優実、サカエの息子・向坂キヨシを坂元愛登が演じる他、袴田吉彦、山本耕史、古田新太ら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。

「不適切にもほどがある!」第5話あらすじ

第5話は――

「父親に会ってほしい」と渚(仲里依紗)に連れられた市郎(阿部サダヲ)は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面していた。

なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎にある写真を見せるのだった。

一方、昭和では、サカエ(吉田羊)がひょんなことからキヨシ(坂元愛登)のクラスに不登校の生徒がいることを知る。キヨシも令和では不登校だったと知った純子(河合優実)は、「その子の話し相手になってあげれば」と提案。

SNSのない時代にどう連絡を取ったらいいものかと頭を抱えるキヨシだが、昭和ならではの“ある連絡手段”を思いつく。

――という物語が描かれる。

不穏な“フラグ”に視聴者ザワザワ…踊る錦戸亮に歓喜の声も

公式ホームページなどで見ることができる予告動画は“オヤジの恋に隠された新事実が!?”のテロップとともに、深刻な表情をした渚が「いつまでも隠し通せるものじゃないしね…」と話す姿や、「コノヤロー!」と市郎がゆずるを押し倒すシーンも。

また、“浮かび上がる数々の不適切な疑惑!?”の文字とともに「隠ぺい工作じゃないですか」と声を上げるサカエや、栗田(山本)が「このご時世何かあってからじゃ遅いんです」というせりふ、さらには「これだけは誰にも知られたくなかったのに…」と話す八嶋智人の声が。

動画の終盤では“謎の男”として第5話にゲスト出演する錦戸亮が登場。そこには“昭和のオヤジがマジギレ、謎の男の正体とは!?”の文字が。「一杯おごっちゃおうかな」とほほ笑む姿が映る他、ダンスを披露するシーンもあるようで、放送前から話題になっている。

予告動画を見たファンからは「ついに古田新太さん登場!」「このドラマの中で八嶋さんはヒーローなのかもしれない」「錦戸くん踊ってる?まさかドラマで踊っている錦戸くんが見られるなんて…」「純子ちゃんの旦那さん誰だ?」「ちょっと?がてんこ盛り」「だんだん面白くなってきた」「大笑いして見ているけど、なんだか泣きそうな展開になりそうでザワザワしちゃう…」「何とかハッピーエンドを期待しております」などといった声が上がっている。