調査期間:2024年2月3日~11日

調査員: KD Market Insights

調査対象:あらゆる規模の市場参加者860名を対象に調査を実施しました。

正解数: 860

調査方法: フィールド(オフライン)調査340、インターネット調査520

アンケート回答者:このアンケートは、ベータアラニン市場への支出に基づいて企業に対して実施されました

KD Market Insightsは、ベータアラニン市場の調査を行い、製品カテゴリー別の傾向、チャネル別の傾向、市場に参入する企業の傾向、および将来の見通しを明らかにしました。

市場概要

世界のベータ・アラニン市場は2022年に8,950万ドルで開催され、2032年末までに1億3,690万ドルの成長が見込まれており、2022年から2032年の年平均成長率は4.7%に達する見込みです。

ベータアラニン市場は、スポーツ栄養、製薬、食品業界での幅広い用途により、大きな成長を遂げています。ベータアラニンは天然に存在するアミノ酸で、筋肉組織に存在するジペプチドであるカルノシンの合成に重要な役割を果たす。スポーツ栄養分野では、高強度の運動中に筋肉の持久力とパフォーマンスを高める能力があるため、ベータアラニン補給はアスリートやフィットネス愛好家に人気があります。

さらに、β – アラニンは、特定の神経筋疾患における筋機能の改善を含む潜在的な治療効果のために製薬業界で利用されています。食品業界では、ベータアラニンは香味剤およびpH緩衝剤として様々な製品に添加されています。

市場の成長は、健康とフィットネスに関する消費者の意識の高まり、スポーツサプリメントの需要の高まり、そしてβ – アラニンの新しい用途と配合を探索することを目的とした継続的な研究開発活動によってさらに推進されています。

このレポートのサンプルを請求する https://www.kdmarketinsights.com/sample/566

日本におけるベータアラニン市場の台頭

日本のベータアラニン市場は、様々な要因により著しく上昇しています。日本の健康・フィットネス文化の高まりと、スポーツのパフォーマンス向上への重点の高まりにより、アスリートやフィットネス愛好家の間でベータアラニンのサプリメントの需要が高まっています。また、日本の高齢化に伴い、筋肉の機能や健康全般をサポートする栄養補助食品への関心が高まっています。

また、日本の製薬・食品産業は、ベータアラニン市場の成長に貢献する環境を提供しています。β – アラニンは、潜在的な健康上の利点と風味を高める特性のために、医薬品製剤や食品でますます利用されています。

日本の企業は、研究開発に重点を置き、厳しい品質基準と相まって、消費者の進化するニーズを満たすために、ベータアラニンの新しい用途と処方を積極的に検討しています。その結果、日本のベータアラニン市場は今後数年間で上昇基調が続くと予想されます。

業種分類

レポートでは、製品タイプ別に基づいて市場を次のように区分しています。

 – 食物等級β – アラニン
 – 医薬品等級β – アラニン
 – 飼料グレードのβ – アラニン
 – その他

さらに、市場はエンドユーザーによって…に分割されています

・ヘルスケア製品
・添加物製造業
 – 医薬品
・飼料添加物
 – その他

リサーチ レポートを参照する@ https://www.kdmarketinsights.com/reports/beta-alanine-market/566

地理的分析

世界のBeta-Alanine市場は、北米(米国およびカナダ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)、中南米(ブラジル、メキシコ、その他の中南米)、中東およびアフリカ(GCC)(サウジアラビア、UAE、 バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)。

KD Market Insightsについて

KD Market Insightsは、幅広い業界の世界中のクライアントにシンジケート調査レポート、カスタマイズされた調査、ビジネスコンサルティングサービスを提供する市場調査およびコンサルティング会社です。彼らは経験豊富なアナリストと研究者のチームを持ち、一次および二次研究方法を組み合わせて、市場動向、競争状況、消費者行動に関する正確で実用的なデータをクライアントに提供します。