太陽神アトンを国家神としよう! / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
ナイル川がもたらす豊かな富で発展した、古代エジプト文明のはじまり/世界の歴史1

壮大な文明国家が花開いた古代エジプト

日本がまだ縄文時代だった紀元前5000年頃、エジプトでは壮大な文明が築かれます。ナイル川がもたらす豊かな恵みで発展し、ファラオと呼ばれる王が統治した古代エジプト。現代でも人々を魅了するピラミッドや宝飾品、象形文字などが作りだされた時代はどのような世界だったのでしょうか。

世界の歴史をわかりやすくマンガで紹介する『角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 1 』より、古代エジプト文明のエピソードをお届けします。

※本記事は書籍『角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 1 人類誕生と古代の王国 七〇〇万年前~紀元前六〇〇年』(監修:羽田正)から一部抜粋・編集しました。

古代エジプトを代表する神 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
アメンホテプ4世 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
神はアトンだけがいればいい! / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
アマルナ革命 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
アマルナ美術 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
ツタンカーメン王 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
ラメス2世 / ©羽田正、近藤勝也(スタジオジブリ)、亜円堂/KADOKAWA
監修=羽田正/『角川まんが学習シリーズ 世界の歴史 1 人類誕生と古代の王国 七〇〇万年前~紀元前六〇〇年』