【漫画】定時での帰宅に罪悪感を感じるアナタは立派な“社畜”!?「本当に帰るよ?」とつい念押しも

2023/02/15 11:30 | 更新 2023/02/21 15:27
SHARE
社畜にとって、外がまだ明るい時間帯に帰るなんて…異常事態!?
社畜にとって、外がまだ明るい時間帯に帰るなんて…異常事態!?

会社仲間のうさを(@huwapunpun)さん、制作部長・ポンコツさん、チームリーダー・ヤマモトさんの3名で描く、社畜漫画「ふわふわ営業部vsぷんぷん制作部」がTwitterで注目を集めている。

カステラ株式会社(架空の3DCGの制作会社)内での営業部と制作部のせめぎ合いの様子がおもしろく、また番外編として“パース屋さんあるある”を「あ」から順にカルタ風に描く5コマ漫画も魅力的だ。今回はそんな“パース屋さんあるある”の中から「て」の漫画を紹介する。

定時退社は喜ぶべきところなのに、なぜか罪悪感に襲われてしまう社畜…
定時退社は喜ぶべきところなのに、なぜか罪悪感に襲われてしまう社畜…


毎日遅くまで、時には休日返上でがむしゃらに働き続ける社畜たち。だが、そんな彼らにも、ごくまれに奇跡的にすべての仕事が片づいてしまう日がある。

珍しく、すべての仕事が片付いてしまうことも…
珍しく、すべての仕事が片付いてしまうことも…


次に着手する仕事も、まだ始められない状況なので…。

営業部部長のぶっちょいわく、次の仕事もまだ始められる状況じゃなく…
営業部部長のぶっちょいわく、次の仕事もまだ始められる状況じゃなく…


定時になったら「本当に帰るよ?」と周囲に念押しして、どきどきしながら帰るのだが…。

どきどきして「本当に帰るよ?」と念押しするヤマモトに「さっさと帰れ」と、うさを
どきどきして「本当に帰るよ?」と念押しするヤマモトに「さっさと帰れ」と、うさを


勤務時間が終わったら、帰宅するのは会社員本来の姿であるはず。「これが普通の暮らしか…」と思いながら帰る道中は、なんだか落ち着かない…そんな症状が出るのは立派な社畜に育てられている証拠かも!?

定時に帰るのは普通なのに、社畜は「何故か悪いことをしている気分」になってしまう…
定時に帰るのは普通なのに、社畜は「何故か悪いことをしている気分」になってしまう…


この漫画をTwitterに投稿した際に、作者のひとり・うさをさんは「普段やらないことをやると不安になる症候群…!?なんてしゃちくううう」とコメント。ちなみに今回登場した「ヤマモト」は、制作部「ヤマモト部屋」のチームリーダーとして後輩をまとめるだけでなく、いつも遅くまで働いているそう。数々の経験を積んでいる彼は、さすが社畜レベルも高い!?

定時退社でなくても、外出先から会社へ戻らず直帰という場合や、出張で早めに仕事が終わり帰路につく場合などにも、ちょっぴり罪悪感を感じたり、「本当に帰っていいんだっけ」と不安を感じた経験がある人もいるのではないだろうか。

Twitterには漫画だけでなく、漫画に登場するカステラ社社員のキャラ紹介もアップされていて、現実味を帯びたキャラ設定がおもしろい。今回登場した制作の「ヤマモト」や「うさを」、営業部部長の「ぶっちょ」の紹介もあり、それらを見て読むとより楽しめるので、ぜひチェックしてみて!

チームリーダー・ヤマモトの生態は…
チームリーダー・ヤマモトの生態は…

画像提供:うさを(@huwapunpun)

■うさを
https://twitter.com/huwapunpun
https://www.instagram.com/huwapun/

人気ランキング

お知らせ