累計47万部突破の『サクッとわかるビジネス教養』、シリーズ最新刊『野球の経済学』では野球にまつわるお金を深掘り

2022/10/18 17:00 | 更新 2023/04/16 23:59
SHARE

『みんなの難しいを“カンタン”に。』をモットーに多くの実用書を展開する新星出版社から、野球にまつわるお金について解説する『サクッとわかるビジネス教養 野球の経済学』が発売中。元福岡ソフトバンクホークス取締役で、スポーツ経営学の第一人者である小林至氏が監修を務めている。

気になる「野球とお金」の疑問に答える!

『サクッとわかるビジネス教養 野球の経済学』(監修・小林至/定価1430円)
『サクッとわかるビジネス教養 野球の経済学』(監修・小林至/定価1430円)


多くのお金が動くプロスポーツ。日本においては、プロ野球がその最たる存在だ。球団と親会社とが複雑な関係で結びついていることもあり、一般の人が野球にまつわるお金について知る機会はなかなか得られないもの。

また、今や多くの日本人選手が活躍している大リーグと、日本のプロ野球界との金銭面での違いも気になるところだ。

「プロ野球選手になるにはいくらかかる?」ページ
「プロ野球選手になるにはいくらかかる?」ページ


本書では「子どもをプロ野球選手にするにはいくらかかる?」「選手の年俸ってどう決める?」「球場の使用料はいくらぐらい?」といった気になる疑問に答える形で、日本のプロ野球やメジャーリーグに関するお金のことが解説されている。

野球にまつわるお金について丁寧に解説
野球にまつわるお金について丁寧に解説


気になっていた野球と「お金」について知ることを通し、野球観戦の楽しみ方をますます広げてくれそうな一冊だ。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

監修者情報

小林至(こばやし・いたる)
1968年生まれ。神奈川県出身。桜美林大学健康福祉学群教授。博士(スポーツ科学)。92年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8 位で入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。93年退団。翌94年から7年間、アメリカに在住。その間、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。2002年より江戸川大学助教授(06年から教授)。05年から14年まで福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、球界初となる三軍制の創設、FA・外国人選手の獲得に尽力した。学校法人桜美林学園常務理事、一般社団法人大学スポーツ協会理事。

書誌情報

『サクッとわかるビジネス教養 野球の経済学』

出版社:株式会社新星出版社

監修者:小林至

定価:本体1430円

発売日:2022年9月14日

仕様:四六版・176ページ

■小林至氏による本書の紹介
https://youtu.be/D09JzeP-uCc

■株式会社 新星出版社
公式サイト:http://www.shin-sei.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/SHINSEI_Pub
Instagram:https://www.instagram.com/shinsei_pub/
facebook:https://www.facebook.com/shinseipub/

あわせて読みたい

人気ランキング

お知らせ